育毛剤の効果がないわけではないかも

皆さんは化粧品を選ぶ時、
美人女優さんがCMや雑誌などで宣伝しているような
話題の化粧品を選んでしまいがちでしょうね
もちろん間違いではないのですが、
本当に自分の肌に合っているのかどうかは
使ってみなければわかりません。
どんなに有名な化粧品でも肌に合わないことはあります。
育毛剤も同じことが言えます。
CMで有名人の髪がフサフサになったと
とても話題を呼んでいる育毛剤であっても
必ずしも効果が出るとは限りません。
それは何故だかおわかりですか?
よく、育毛剤を使っていても何の効果もない!と
文句を言う人がいますが、
それはただたんに育毛剤のせいだけではないかもしれません。
例えば男性ホルモン抑制作用のある育毛剤を
女性が使ったとしましょう。
効果があると思いますか?
答えはご想像にお任せします。
上記の例は極端ではありますが、要はそういうことなのです。
乾燥肌の人がサッパリ化粧品を使えば
逆効果になるだけです。
育毛剤も自分の原因に合うものを使わなければ
意味がないということです。
ただ育毛剤のせいにするのではなく、
一度見直してみましょう。

育毛剤のAtoZ

育毛剤の効果

育毛剤は効果があるの?という質問がよくあります。
効果はあります!とお答えしたいところですが、
どんなものにも個人差があるように、
育毛剤の効果にも個人差はあります。
というのは、人それぞれ体質が違いますし、
原因も症状も違います。
ある人がものすごい効果があったという育毛剤でも、
全く効果がない人もいるわけです。
抜け毛や薄毛の原因は加齢という
たった一つの原因だけではありません。
偏った食生活やストレスによる原因、
過剰な男性ホルモン分泌、間違ったヘアケア、
血行不良による原因、紫外線、喫煙、
過度のアルコール摂取、不摂生な生活習慣と
本当にたくさんの原因があります。
これらの原因1つ1つに必要な成分は異なりますので、
使う育毛剤もそれぞれ違うものになります。
いくら高級で評価が高い育毛剤を使っても
育毛剤の目的に合っていない育毛剤を使っていれば
効果はありません。
ですので、育毛剤を購入する時は
抜け毛や薄毛の原因から追求し、
その原因に合う育毛剤を選択しなければなりません。
どんなに高評価の育毛剤でも
必ず効果があるわけではないのです。

育毛剤のランキングをチェック

育毛剤を購入する前に先ずしなければいけないことは、
自分の抜け毛や薄毛の原因を探ることです。
自分の抜け毛や薄毛の原因さえわかれば
すぐに育毛剤のランキングをチェックしてみましょう。
育毛剤のランキングでは目的とは別に
まず人気のある順にランキング付けされています。
ランキングごとに成分や
効能の説明があるものもありますので、
自分に合うのかどうかは一目瞭然です。

ランキング上位から自分に合う育毛剤を
チェックしていきましょう。
知らなかった育毛剤も知ることができたり、
この育毛剤にはこんな効能があったのか~など、
それぞれ育毛剤の知識を得ることができるでしょう。
その中から自分が求める目的のある育毛剤に
出会うことができるでしょう。
育毛剤はご自身の抜け毛や薄毛の
目的にそったものでなければ、
どんなに評判の良いものでも、どんなに長く使っても
全く意味がなくなってしまいます。
時間とお金を無駄にしないためにも
育毛剤選びは慎重に行うようにしてください。
そして毛周期にあわせて最低でも3ヶ月は
継続してみましょう。
そのうちに少しでも変化が現れれば
育毛剤選びを間違っていなかったことになります。
頭皮の変化チェックも忘れずに!

育毛剤に迷ったら専門医に相談を

育毛剤の役割は、商品により色々な目的があります。
血行促進、栄養補給、老廃物の除去、皮脂分泌抑制、
男性ホルモン分泌抑制と様々です。
育毛剤は髪や頭皮との相性が重要です。
薄毛や抜け毛の原因もわからずに
勝手な選択で育毛剤を使用しても、
改善の見込みはないといってもいいでしょう。
確実な育毛効果を期待するのであれば
まず、相性の合う育毛剤を見つけることです。
とは言っても、素人の判断で自分にピッタリの
育毛剤を見つけようというのは至難の業かもしれません。
育毛剤選びに迷った時は、専門医に相談をしてみましょう。
カウンセリングによりアナタの薄毛や抜け毛の原因が
はっきりするでしょう。
原因さえわかればあとはその目的に見合った成分を配合した
育毛剤を選ぶだけです。
育毛剤の目的と自分の原因が異なっていると、
いくら念入りに育毛剤を揉み込んでも無意味です。
自分の頭皮には何が必要なのか、
そして何が不要なのかをしっかり把握し、
育毛に挑んでください。
育毛剤を使い始めたら小まめな頭皮チェックをし、
僅かな変化も見逃さないようにしてください。

育毛剤にエタノールは不要

育毛剤にはエタノールが含まれているものが多く、
エタノールには育毛のための役割があります。
エタノールは一般的には消毒液として利用されています。
育毛剤としてものエタノールの役割として
殺菌作用があります。
頭皮を洗浄してくれるのです。
頭皮を清潔な状態にし、育毛剤の成分が
十分に浸透するようにエタノールが配合されています。
しかし注意しなければならない点があります。
肌の弱い方や敏感肌の方には刺激が強い場合があります。
肌の弱い方や敏感肌の方が
エタノールが配合された育毛剤を使用すると
頭皮に痒みが出る場合があります。
肌が心配な場合は使い始める時に
頭皮全体に使用するのではなく一部に使用をして
様子を見てみましょう。
もし異常が現れた場合は使用を中止し、
エタノールが配合されていない育毛剤を使用してください。
エタノールは肌を消毒してくれる意味では
非常に有効なものではありますが、
時と場合により肌にかなりの負担がかかることもあります。
敏感肌や肌が弱い方は特に注意しましょう。
このように育毛剤なら何でも
効果があるということではありません。
成分に注意しながら育毛剤を選ぶようにしましょう。

育毛剤と養毛剤

育毛剤や養毛剤などCMでもよく見かけますが、
どう違うのか?
自分はどちらを使えば良いのか?
わかり辛いところですよね
育毛剤には様々な作用がありますが、
大まかに言えば毛髪の成長を促進するものとして
考えて良いでしょう。
また、養毛剤は毛髪や頭皮を保護する役割と
抜け毛を予防する作用などと考えてください。
今現在抜け毛が気になるがまだ薄毛は気にならないと言う方は
養毛剤でケアしてみてはいかがですか?
抜け毛が気になると同時に髪が細く弱いと
感じている方は育毛剤で髪を元気にしてあげましょう。
髪や頭皮の状態により使うものも違います。
間違った選択をしてしまうと、状態は良くならずに
場合によっては薄毛を進行させてしまうこともあります。
ご自身の抜け毛はどんな状態か?
実際に髪が薄くなってきているのか?
まずはここで育毛剤を使うのか養毛剤で使うのかを
選択しなければなりません。
あとは抜け毛や薄毛の原因をよく考え、
それぞれに見合った成分を配合するものを選びましょう。

自分で選択し辛い場合は、薬局で相談するか

専門医に相談をしてみましょう。

育毛剤と毛穴

育毛剤の効果がなかなか出ないと思う方。
普段の生活の中で、整髪料を使っている方は
毛穴が汚れで詰まってしまっている可能性があります。
育毛剤は毛穴から奥の奥まで浸透します。
そして毛母細胞を活性化させ育毛を促進していきます。
よって毛穴が汚れで詰まっていると、
育毛剤の効果は見られません。
この毛穴の汚れを取り除く方法はシャンプーです。
シャンプーといっても通常のシャンプーでは
完全には落としきれません。
いつものシャンプーで丁寧にもみ洗いをしても
なかなか毛穴の奥に詰まった汚れまでを落とすことは
難しいでしょう。
洗浄力の強いシャンプーでは
症状を悪化させてしまうばかりです。
育毛シャンプーで優しくしっかり揉み洗いをし
毛穴の隅々まで丁寧に汚れを落としていきましょう。
毛穴の汚れがスッキリ落とすことができれば、
育毛剤が浸透しやすい環境になっています。
育毛剤を揉みこみマッサージをすると
栄養は毛母細胞まで行き届き、育毛促進を行います。
育毛剤を使用する時は常に清潔な頭皮であることが条件です。
毛穴が詰まっていれば育毛剤は無意味です。
毛穴はきれいに!を心がけましょう。

育毛剤と抜け毛予防

人は誰でも髪は抜けます。
少なくとも1日50本は知らない間に抜けているのです。
これは正常な範囲ですので問題はないのですが、
倍の本数になると少し心配をしなければなりません。
抜け毛が増えてきたな~と感じている方は、
ヘアサイクルが乱れている可能性があります。
成長期が短くなり退行期、休止期に突入してしまうため、
成長しきらずに抜け落ちる状態になっているのです。
この抜け毛を減らすために
まずは頭皮環境を整えることからはじめましょう。
頭皮環境が整えばヘアサイクルは正常に戻ります。
頭皮環境を整えるにはしっかりと栄養を補給すること!
食事で栄養補給ができればそれに越したことはありません。
しかし食事だけでは完全に補いきれません。
そこで、育毛剤です。
育毛剤で栄養を補給し毛母細胞を活性化させます。
栄養補給を目的とした育毛剤を使用することで、
頭皮は徐々に健康になっていきます。
栄養不足は抜け毛の原因です。
育毛剤は頭皮に直接揉み込むタイプと、
育毛サプリメントとがあります。
サプリメントタイプは飲むだけで簡単に育毛効果のある
栄養を補給することができます。
ご自身の生活の中で活用しやすい方法で、
頭皮に栄養を補給していきましょう。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤、発毛剤という言葉はよく耳にしますが、
この2つの違いがイマイチわからないという声を良く聞きます。
違いを理解し、自分に必要なものはどちらか?!
を確認しておきましょう。
育毛剤と発毛剤とでは目的が違います。
育毛剤は今生えている細く弱い髪を栄養を補給したり
血行を促進したりして太く強い髪に育てることを
目的としたものです。
ようはハゲてしまった頭皮にいくら育毛剤を使っても
無意味だということですね
発毛剤は、毛母細胞などの働きを活性化させ
髪が生えていない毛穴から発毛させる目的があります。
しかし特定の脱毛症にしか効果が出ないという説もあります。
育毛剤は原因と目的が把握できていれば
ネットでの購入も可能ではあるのですが、
発毛剤に関しては成分が強いこともあり
副作用の心配もあるようです。
自分の判断で使用するよりも専門医療機関で
アドバイスを受けてみる方が安全で適切な
対策が行えるでしょう。
ちなみに養毛剤というものもありますが、
養毛剤は抜け毛予防と髪の保護の役割となります。
抜け毛が増えてきたという方は養毛剤がオススメです。
自分の状態に合った対策を行いましょう。

育毛剤と白髪染め

育毛剤を使用する場合の理由には、
抜け毛や薄毛といった悩みから使用するかと思います。
また白髪染めを利用する理由には、
当たり前ですが白髪が生えてきたために使用するかと思います。
髪が薄くても白髪は生えてきます。
白髪染めと育毛剤を併用しても問題ないのか?
という不安に対しての答えは、
むしろ併用する方が髪のためには良いのではないでしょうか?
育毛剤は髪や頭皮に栄養を与える目的のものがあります。
白髪染めで傷んだ髪に育毛剤で栄養を与えることは、
髪にとっても頭皮にとっても良いことです。
また、育毛剤を使っていると
白髪が改善されるのか?という声もあります。
白髪はメラノサイトの機能が低下し、
メラニン色素を作る事ができなくなるために
黒い髪が白くなってしまいます。
育毛剤はメラノサイトとは直接関係はありませんが、
細胞を活性化させる意味では白髪と育毛剤とは
全く無関係ともいえないようです。
白髪染めは頭皮や髪に刺激を与えます。
刺激が続くと抜け毛が増える可能性もありますので、
薄毛や抜け毛を予防するためにも
白髪染めと育毛剤を併用して使っていくことをオススメします。